update:2013年2月1日 最終更新日:2013年2月1日

わかりやすい中医学入門【肝と心】⑬

※効果や感じ方は人によって異なります

余談になりましたが、さて、肝は、蔵血作用によって心に必要な血液を分配し、血流量を調整する働きを通して、脾の統血作用は、血が脈管からもれないようにする働きを通して、血液循環をバックアップしています。

心は神を蔵し、心血は神を滋養しています。血は精神活動の基礎的物質です。腎は精を蔵し、精は髄を生じます。精と血はともに、神の基礎的物質であるので、人の精神・思惟活動は心だけでなく、同時に腎とも関係しているといえます。そのために、心と腎、すなわち水と火の協調関係がうまく保たれなければ、しばしば精神面にも異常な状態が現れます。たとえば、不眠、心悸、健忘、多夢、不安、焦燥感、遺精、めまい、そして感情・思考が不安定になるなどです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分