update:2012年9月12日 最終更新日:2012年9月12日

わかりやすい中医学入門 【陰と陽】⑫

※効果や感じ方は人によって異なります

【治療方法】

正が不足した状態を虚証といい、邪が過剰になった状態を実証といいます。

虚証は正常な状態に比較して、正が不足しているため病気になっているので、その不足した状態を補うことが治療方針となります。

これを補法(ほほう)といいます。

同様に、実証は邪が過剰になったために病気になっているので、その過剰になった邪を取り除く、すなわち瀉(しゃ)することが治療方針となります。

これを瀉法(しゃほう)といいます。

虚証:正が不足した状態←補法

実証:邪が過剰になった状態←瀉法

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分