update:2012年9月1日 最終更新日:2012年9月1日

わかりやすい中医学入門 【陰と陽】⑨

※効果や感じ方は人によって異なります

しかし、身体のこのような能力に任せておいても治らない場合、すなわち健康状態からのずれが大きくなりすぎて、自分の持っている機能だけでは、元に戻せない状態を病的状態といい、外界からの何らかの治療が必要となってきます。

それでは、病的状態とは、どのような状態をいうのでしょうか?
そして、病的状態は、どのような症状として現れるのでしょうか?

その基本的な意味内容を理解していれば、病態を把握するためにも治療方針を立てるのにもとても有益で、治療方法も自ずと導き出すことができます。
例えば身体に本来必要なもののうち何がどの程度不足しているのか、身体に本来あってはならないものが、どの程度過剰になっているのか、あたためればよいのか、冷やせばよいのか、このような大まかな治療方針や現在の体質を判断することができ、健康になるためのアドバイスをすることもできるのです。

それでは、中医学ではどのように人体をみているのか、具体的に説明いたします。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分