update:2013年4月19日 最終更新日:2013年4月19日

わかりやすい中医学入門【脾11】

※効果や感じ方は人によって異なります

また、感情がはげしくゆさぶられたり、情緒が不安定になるような出来事がかさなったとします。肝は情志をコントロールしていますので、ストレスや緊張が高まれば高まるほど肝はフル回転となり、極限に達して肝の疏泄に失調をきたすのです。

肝は、つねに脾の運化作用をバックアップしています。そして、脾は肝の疏泄のバックアップがあってはじめて、正常に機能します。ですから、肝の疏泄が失調しやすい人、すなわち、ストレスを受けやすい人は、脾のはたらきに影響が出やすいのです。肝(かん)の疏泄(そせつ)が亢進(こうしん)して、脾胃(ひい)に過剰に影響しますと、食欲の亢進や異常食欲があらわれます。おなかがとてもすくので食欲が旺盛(おうせい)となり、なかなかおさえることができません。充たされるまで食べつづけ、ついつい食べ過ぎてしまいます。さらに進むと吐(は)くまで食べてしまうのです。

この状態がつづくと、脾の機能がだんだんと低下して、運化機能に影響すると、やがて消化機能がおとろえてきます。おなかの張りや、便溏、下痢などを伴います。便溏とは、便が固まらず、軽く浮くような便のことです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分