update:2013年4月16日 最終更新日:2013年4月16日

わかりやすい中医学入門【脾10】

※効果や感じ方は人によって異なります

さて、ふだんから規則正しい食生活をして、腹(はら)八分目(はちぶんめ)でバランスのよい栄養摂取をしましょうということですが、なかなかできにくいものです。

たくさん食べたり、ぜんぜん食べなかったり、また、油物やアルコール飲料、甘いものや身体を冷やす食べ物、熱を生じやすい食べ物など、知らず知らずのうちに、かたよりができるものです。また、いくらよいものをとっていても、食べる量が多すぎると病因になります。食べ物が私たちの身体にあたえる影響は大きいので、何を、いつ、どのようにして、どのくらい食べるかは、とても大切です。

ふだんの食生活が一番原因になりやすい臓腑は、脾です。脾は、水穀の精微から気・血・津液・精を生成します。後天の本をつくるのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分