update:2013年4月9日 最終更新日:2013年4月9日

わかりやすい中医学入門【脾8】

※効果や感じ方は人によって異なります

食後になると眠たくなる人がいます。授業中にもかかわらず、また、会社の会議などでも昼食後は我慢できないほど眠くなって、ついついウトウトしてしまいます。脾の昇清がよくはたらいていると、頭がいつもスッキリしていて、食後に必ず眠くなるということはありません。脾が正常にはたらいている人は、運化もやりながら、きちんと昇清も同時にはたらくわけです。脾の機能が弱っている人は、食後は消化吸収作用である、運化がメインとしてはたらきます。運化で精一杯になり、昇清ができなくなります。2つ一緒にはできないのです。そのため、頭がボーッとして、食後、身体がだるく、ねむたくなり、運化がおわるまで眠気が続くのです。

これは、本人が悪いというより、脾の機能の失調です。このようなケースでは、脾の角度から治療を行います。脾の昇清機能を高めれば、改善されるのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分