update:2012年5月14日 最終更新日:2012年5月14日

中医学による頭痛治療⑭

※効果や感じ方は人によって異なります

頭と五蔵(ごぞう)の関係

(1)心(しん)と脳の関係

心(しん)は神(しん)を蔵(ぞう)します。
我々が普段の生活をしていくうえで、いろいろな思考回路がはたらいているわけですが、その最も上位にある精神や意識、思惟活動(しいかつどう)を神(しん)といいます。

精神とは、理性的な心(こころ)のはたらきをいい、意識とは、物事や事象を認識して思考する心(こころ)のはたらきをいいます。

思惟(しい)とは、心(こころ)を集中させ、深く考えたり思いをめぐらせることをいい、神(しん)とは、このような精神活動そのものを指しています。

神(しん)は、五臓(ごぞう)の中の心(しん)に収まっていて、精神活動を主(つかさど)ります。
そのことを、「心(しん)は神(しん)を蔵し、神(しん)志(し)を主(つかさど)る」といいます。
神志(しんし)を主(つかさど)るというのは、意識的活動や、精神活動そのものを主宰(しゅさい)することです。「主宰(しゅさい)する」とは、上に立ちコントロールすることです。

神(しん)は精神意識活動を意味し、実は脳の効用を指しているのです。神(しん)の下には魂(こん)・魄(はく)・意(い)・志(し)があり、それぞれ五臓(ごぞう)に配当されています。これらは、臓腑(ぞうふ)の機能が精神意識に影響を及ぼし、また精神意識が臓腑(ぞうふ)の機能に影響しあい、精神と身体が互いに密接な関係を持っていることを示しています。

精神は肉体がなければ存在できません。しかし、肉体は精神のコントロールがなければ維持できません。

このような概念を人体に導入して、人体の機能を支配、統制するものとして神(しん)気(き)を考え出し、五臓(ごぞう)に配当したのです。

中医学では脳の機能は心(しん)の機能の中にふくまれています。脳の病気はいつも心(しん)の角度から治療します。

☆広い意味での神(しん)とは、顔色や皮膚の艶(つや)、目の輝きや声の状態、身体の動きや心理状態などの生命活動が、外側に現れた現象を指していいます。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分