update:2012年5月6日 最終更新日:2012年5月6日

中医学による頭痛治療⑪ (群発性頭痛について)

※効果や感じ方は人によって異なります

~自分でできる対処法~

①アルコール飲料を中止します。
②下半身を温め、上半身にかたよった熱を下します。
③ 精神的リラックスをはかることが一番大切です。

たとえば、家事、子育て、仕事と全てについてがんばっている人がいます。
しかし、さまざまなことを同時に、完璧にこなそうとすると無理が生じます。無理をしすぎて、疲れたり、病気になってしまうと、かえって大変です。人間は完璧ではありません。頭のなかを整理して、どこかで調整して、無理を除きましょう。

群発性(ぐんぱつせい)頭痛(ずつう)は、偏頭痛とは違って、安静にしていてもよくなりません。むしろ動き回っていたほうが、痛みがまぎれるといわれます。
病気というものは身体の弱い所に発生するものです。

特に精神的なものは目に見えず、形に表れないので、いくら無理をしても大丈夫だと思いがちなのです。しかしその無理は身体に何らかの症状として現れるものです。症状そのものは、身体のバランスを回復しようというはたらきなのです。

※効果や感じ方は人によって異なります

大阪豊中市のはらだ鍼灸整骨院 大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号 服部天神駅徒歩3分
電話予約の流れ
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分