update:2014年3月22日 最終更新日:2014年7月16日

中医学弁証論治

こんなお悩みありませんか?

subbanner02
check長年、肩や腰、首などに痛み・痺れがある
check病院に行っても改善しない症状がある
checkこの症状をどこに相談していいのか解らない
check不眠症や頭痛、アレルギーなど、慢性的な疾患がある
check老後も健康な体を維持したい

お問い合わせ

私の症状のことかもと思ったあなた
迷わずご相談ください。まずはお電話で、症状をお知らせいただくか、無料診断をご予約ください。

何故当院の治療が効果的なのか?

中医学の特徴

① 完全オーダーメイド治療

当院の中医学治療に同じ症例は二度とありません。睡眠などの生活習慣、体質、体の使い方や職業にいたるまで、患者さん自身のことをヒアリングし、その患者さんだけに合った治療を施します。

② 根本治療

同じ頭痛という症状でも、原因、発生メカニズムは異なります。その原因や発生メカニズムを、中医学理論で分析し、原因そのものに治療アプローチします。

③ 周辺症状にも作用

ある疾患の原因となる生活習慣などが、別の疾患の原因になっているということは多々あります。当院では根本的な原因に治療を施すので、芋づる式に疾患を治癒することができます。

そもそも中医学弁証法って?

中医学弁証論治とは、生活習慣や感情、体質などが、どのような原因によって現在の病気に発展したのかを細かく分析し、明確な病態に表し、総合的な分析結果に対して治療を施すことを言います。
この明確な病態というのが、証候というものですが、個々の病態を中医学理論によって、一定の観察手順で一人一人弁別していくことを弁証といいます。
bensyouhou
難しく聞こえますが、要は、①何が原因で②体のどこが③どういう物質によって④どう傷ついたのかということを、問診によってヒアリングした情報をもとに分析した上で、治療を施すということです。

院長自ら治療します

harada_greeting_button

原田浩一(Koichi Harada
原田鍼灸整骨院長  鍼灸師・柔整師・カイロブラクター・サイコセラピスト
(財)東洋医学手技療法師協会認定プロ養成講師
・大阪中医学研究会主宰
・中国刺絡学会最高顧問
・日本心理センター認定サイコセラピスト(理事長 立木 寅雄氏)
・近畿療術師会連絡協議会認定カイロブラクター

治療の流れ

問診

monshin
yajirushi

舌脈診

monshin (2)
yajirushi

弁証

bensyou
yajirushi

治療

chiryou

詳しくはコチラをごらんください。

院長執筆論文 中医学に基づく治療の分析

論文 頭痛治療の分析
論文 不眠治療の分析
論文 風邪の治療の分析
論文 花粉症治療の分析
中医学によるアレルギー性鼻炎の分析①
中医学によるアレルギー性鼻炎の分析②

天津中医薬大学主宰「中医学世界大会」発表論文

中国天津や南寧モンゴルで行われる権威ある中医学の世界大会で発表した論文です。2年に一度招待されて発表しています。

中医学による機能性頭痛の分析
中医学による頭痛治療
中医学による不眠の分析と治療
中医学による不眠治療
ronbun_bien3

column

column_kokyuu
column_ki
お気軽にお電話ください 06-6864-3381
電話予約の流れ
ご予約・お問い合わせはこちら
06-6864-3381| 大阪豊中市服部の鍼灸整骨院
初めての方は、まずお気軽にお電話ください。ご来院前にお電話でのご相談も行っています。
大阪府豊中市服部南町1丁目3番33号
阪急宝塚線 服部天神駅徒歩3分